薄毛(AGA)治療

薄毛(AGA)治療

▲画像をクリックすると拡大します。


AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
AGA(エージーエー)の人は全国で約1,260万人、そのうち気にかけている人は約800万人、何らかのケアを行ったことのある人は約650万人と言われています。
AGA(エージーエー)は進行性です。何もせずに放っておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。その為、早めのケアが大切です。

【AGA専門サイトはこちら】

原因と状態

▲画像をクリックすると拡大します。


AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。
DHTは5α-還元酵素という酵素によってテストステロンから作られます。プロペシアはこの働きを阻害し、ヘアサイクルの成長期を取り戻すように働きます。

特徴

AGA(エージーエー)の特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。
抜け毛・うす毛はゆっくりと進行していきます。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。
ただし、AGA(エージーエー)では普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。
決してあきらめる必要はありません。

効果

▲画像をクリックすると拡大します。



1日1回、内服してください。3ヵ月服用で効果を実感頂ける場合もあります。
服用された方の98%でAGAの進行が認められませんでした。6ヵ月服用しても抜け毛の進行が遅くならない場合は、医師にご相談ください。

治療手順


薄毛の悩みを受け、診察を行い、薄毛の状態を把握し、治療方針、内容を説明します。



写真撮影を行い、内服を開始します。
内服は最低でも3か月続け、効果を感じるかどうか確認しながら6か月進めます。
写真撮影を再度行い、継続の判断を話していきます。

治療費

●診察料
診察は自由診療です。(保険適応外のお悩みに対する診療)
診察料は、初診料¥3,000、再診料¥800です。(税別)

プロペシア®錠1mg
PTP 28錠(14錠×2)

ザガーロカプセル0.5mg
30カプセル(10カプセル×3)

●内服薬
ザガーロ    0.5mg 30錠 9,500円 1ヶ月分(税別)
プロペシア錠  1mg 28錠 8,000円 1ケ月分(税別)
フィナステリド 1mg 28錠 6,500円 1ケ月分(税別)  (ジェネリック)

※症状により処方する内服薬を使い分けております。
AGA治療薬は健康保険の給付対象になりませんので、本剤を用いた男性型脱毛症の医療費全体が保険給付の対象になりません。従いまして、薬剤費だけでなく、AGA治療薬を適切に服用いただくための診察、調剤、服薬指導などにかかる費用も含め、医療費全額を患者さんにご負担いただくこととなります。

注意事項

成人男性のみ服用できます。 女性には効果が認められていません。妊婦、妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人は服用しないでください。(妊娠中の婦人が本剤を服用すると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。)国内で実施された臨床試験(1年間)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められています。主な症状は性欲減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに、食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。