ニキビ・ニキビ跡について

ニキビは青春のシンボル!という言葉はすでに過去の考えで、現在はしっかりとした治療が必要と認識され、医療で提供できるようになりました。

ニキビにはさまざまな状態があり、症状にともなった治療を行なわないと炎症が悪化し腫瘍の状態、さらにはつぶしたりする事を繰り返していると、ニキビ跡のでこぼこができてしまいます。

当院では効果が高い外用薬、内服薬の処方をはじめ、さまざまな治療を取り揃え、患者様の症状にあわせて治療法を提案いたします。

ニキビ・ニキビ跡の治療方法

ピーリング石けん

医療機関専用のピーリング石けん
滞った肌の生まれ変わりを促し
滑らかな肌にする
ピーリング作用をご自宅でも。




高浸透型
ビタミンCローション

通常の水溶性のビタミンCとは
異なり脂溶性も兼ねる両親媒性の
ビタミンC(APPS)を使用し、
肌の奥深くまで浸透します。



eマトリックス

RF(ラジオ波)を点状に照射し
治療から数日経つと、
肌の表面が引き締まり、
なめらかでハリ感のある素肌を実感。 また、皮膚のコラーゲン再生成が
促されるため、透明感のある
キメ細やかな素肌へと導かれます。


ケミカルピーリング

健康な肌は28日の周期で新しくなります。
これをターンオーバーといいますがこの生まれ変わりが崩れるとシミ、くすみ、にきび、小じわなどの様々なトラブルが発生しいてきます。ケミカルピーリングは、皮膚に酸を塗ることにより肌表面の古い角質を取り除きターンオーバーを活性化させます。そのおかげでシミ、くすみ、にきび、毛穴が改善し滑らかな肌を取り戻します。
使用する酸は角質の結び付けを弱める働きがあり、肌に塗ることにより古い角質が剥がれ落ちやすくなります。そして肌は新しい肌を取り戻そうと活性化されるのです。古い角質がなくなると肌は一段階明るくなり、つやが発生します。同時に毛穴に詰まった皮脂の汚れも取り除きます。
角質のターンオーバーがうまく行かずに角質が肥厚している場合もざらつきがありますがこれらも改善させます。 にきびで行われるケミカルピーリングは、にきびの原因である毛穴の詰まりや脂性肌を改善することで、にきびを治療することを目的としています。

特に、大人になってからのニキビは、角質の機能低下によって毛穴が詰まりやすくなっておりますが、ケミカルピーリングを行うことで角質のターンオーバー(肌の再生)を正常化し、にきびを改善するのです。シミで行われるケミカルピーリングは、シミの原因である古い角質を剥離する事で角質に沈着したメラニンを取り除き、シミを改善することを目的としています。シミのない健康な肌は周期的にターンオーバー(肌の再生)を繰り返し、みずみずしい細胞が増え続けます。
ターンオーバーは加齢とともに周期が長くなり、さらに生活習慣や食生活の乱れなども原因で、徐々に崩れていきます。
お肌のターンオーバーが正常であれば、シミのもとであるメラニン色素も脱落しますが、このバランスが崩れると、メラニンが代謝されないだけでなく、肌に古い角質が残ってしまいます。
その結果、シミやさまざまな肌トラブルの原因となります。

ニキビの改善
滞った皮膚の生まれ変わりを正常化させることにより炎症の改善、不要物を排出していきます。

ピーリングの種類
ピーリングには乳酸ピーリング、グリコール酸、サリチル酸マクロゴールとありますが当院では一番効果が高いといわれているサリチル酸マクロゴールを使用しています。
以前、サリチル酸は、30%などの高濃度でそのままピーリングに使うと、すごく効果がある代わりに、痛みや炎症もひどく敬遠されていました。ところがサリチル酸を、マクロゴールという軟膏の基剤と組み合わせたところ、30%という高濃度にも関わらず、炎症がほとんど起こらず、しかも効果は普通のピーリングよりもずっとずっと高いことがわかったのです。
ニキビの改善度も一番高いと言われ、施術の間隔も他のピーリングに比べて長くでき3~4週間に1度で結構です。

ピーリングは一度で劇的な効果を上げることは難しく複数回の施術を行うことをお勧めしています。さらに強いピーリングとしてはTCAピーリング、フェノールピーリングなどありますがダウンタイムも長くなるために当院では行っておりません。

安全性・メリット
ピーリングは「剥ぐ」という意味を持ちますが、見えない部分での剥離なので心配は要りません。ただ今は安全性を考えエステなどではできなくなり、医療機関 でのみ可能となっています。肌の状態を確認しながらピーリング剤を落としていきますのでご安心ください。施術中は少しピリピリする感じがしますがお帰りに なる頃にはなくなります。

アクネフォト

フォトの熱エネルギーによりアクネ菌を殺菌し特定の波長の光エネルギーの照射でニキビの赤味を抑えます。
ピーリングとの併用で効果をさらに高めます

イオン導入

微弱電流を用いながら有効な成分を肌に浸透させる方法です。ビタミンCの導入は通常の塗布よりも70倍ものビタミンCは皮膚内に入り込むといわれています。トラネキサム酸のイオン導入は肝斑のシミに有効で内服とあわせるとより効果的です。毛穴を減少グリシルグリシンのイオン導入はホームケアに合わせ、より効果的に毛穴の改善を行います。各施術の後ですと皮膚が活性化しておりイオン導入に最適なタイミングとなります。

内服でビタミンCを摂取することは大切ですが水溶性のために直ぐに排出されてしまいます食事で分けてコンスタントに摂取することが望ましいです。(内服も用意しております。) しかし内服で肌に届くのは極わずかであるためにビタミンCの美肌効果を最大限に活かすためには、肌から吸収させることが大切になります。ビタミンCの最大の効果は、シミやシワを改善し、透明感と張りのある肌を取り戻すことです。特に女性にお薦めのビタミンであるのは間違いなしです。当院では医薬品レベルのビタミンC(APPS)のオリジナルローションもご用意しています。このAPPSは脂溶性でもあり通常のビタミンCでは浸透できない真皮の中へも入り込むことができ美肌作成に有効となっています。ビタミンC以外にトラネキサム酸のイオン導入、グリシルグリシンのイオン導入も行っております。これらは医療機関でのみ使用できる成分となっております。

さまざまなニキビの状態

ニキビは尋常性ざ瘡ともいわれ、毛包(毛穴)が詰まってできる小さな発疹です。皮脂の分泌が活発になると共に毛包周辺の角層が厚くなって毛包が詰まると、ニキビができます。
顔のほか、胸の上部、肩、背中によくできます。毛包に皮脂が詰まっている状態は面皰とよばれ、詰まった毛包にニキビ菌が増殖して炎症を起こすと赤い丘疹、膿をもった膿疱、さらに化膿がひどくなった膿腫に悪化します。これを放置すると色素沈着、瘢痕が残ります。

白ニキビ

ニキビの口が閉じているのが白ニキビ。
見た目は他のニキビにくらべ白っぽいものです。原因は厚くなった角質で、健康な肌なら28日周期で生まれ変わりますが、何らかの原因でそれが遅くなり、時には40〜50日程度になってしまい、毛穴がつまってしまいます。


黒ニキビ

黒ニキビの黒色は汚れです。空気中の埃やちりが汗の油分やメイクの油分と混じって毛穴につまり、酸化を起こしたものです。

黒ニキビの予防には 、スキンケアなどでお肌を清潔に保つ事が重要です


赤ニキビ

見た目が赤くてはれている感じのものが赤ニキビです。
触ると強い痛みを伴います。
原因はアクネ菌により起こされた炎症反応です。無理につぶすと、炎症を悪化させる他、周りの組織をいためますので、外用薬、内服、光治療などでアクネ菌を殺菌する必要があります。

ニキビの原因

主な原因は、思春期に起こる体の変化にあります。男性ホルモンの分泌 が活発になり、その影響を受けて皮脂の分泌が盛んになります。また、 毛包周辺の角層が厚くなり、毛包が詰まりやすくなります。そのために ニキビは思春期にできやすく、成人すると自然によくなっていきます。 しかし、ニキビの原因は他にもいくつもあり、複数の原因が複雑に関連 しあって、重症化する場合や成人以降にもできる場合があります。最近 では、小学生の高学年から中年女性まで、ニキビのできる世代が広がっ ています。

過剰な皮脂の分泌
思春期ニキビの原因の代表で、過剰に皮脂が分泌されると毛包に皮脂が 詰まり、ニキビができてしまいます。

アクネ菌
アクネ菌は、普段から毛穴の中にいますが、いつもは比較的おとなしく しています。それが、寝不足やストレスで、体の抵抗力が弱くなると、 アクネ菌も活発になるのです。また、アクネ菌は空気を嫌い、毛穴が詰 まっていれば空気に触れずにすむため活発になります。ニキビを防ぐた めにも、お肌、とくに毛穴を清潔に保ちましょう。アクネ菌の好物は、 人間の皮脂です。それは顔だけとは限りません。胸や背中も皮脂腺があ りますので、アクネ菌にとっては狙い目です。顔の場合にも、鼻の周り や口の周り、あごの下など、皮脂腺の多い所はアクネ菌にとって住みや すい場所なわけです。つまり、ニキビができやすい場所なのです。

古い角質=角栓
ニキビの原因には、皮脂量が多いというのもありますが、それだけでは 毛穴は詰まりません。加えて、皮脂の出口が狭くなるなど、さまざまな 要因が重なることで、毛穴は詰まってしまいます。毛穴を狭くする原因 の一つは古い角質です。角質とは、肌の外側にあって、通常だとお肌の バリアにもなる必要な組織です。健康な肌ならば、ある程度、角質が古 くなると、酵素の働きで自然にはがれるのですが、何らかの肌のトラブ ルがあるとそれが正常に機能しません。結果、角質が厚くなって、毛穴 をふさいでしまうのです。これを「角栓」といいます。こうなると、本 来スムーズに排出されるはずの皮脂が外に出られなくなってしまい、毛 穴に詰まって、盛り上がってしまうのです。

ホルモンバランス
男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が活発になると、皮脂腺が肥大し て皮脂の分泌が過剰になります。女性の方でも男性ホルモンは分泌され ており、通常は女性ホルモンとの間でバランスが取れています。女性の 場合は月経の前後に性ホルモンの分泌のバランスが大きく変化するので 注意が必要です。これは、黄体ホルモンが男性ホルモンと似たような働 きをするからです。排卵後に黄体ホルモンが多く分泌されると、体温が 上昇し、皮脂の分泌量が増えます。ですから、排卵がおこって基礎体温 が上昇する時期は、ニキビができやすい時期なのです。

その他
ストレス、体質・遺伝、化粧品・整髪料、紫外線なども影響があると言 われています。

ニキビの治療の流れ


治療前にクレンジングと洗顔、または治療部位のみ化粧を落としていただきます。

ニキビのお悩みなどお伺いし、肌診察を行い、ニキビの状態、患者様のご希望をお伺いし治療方針や内容を説明します。

治療内容に同意いただき、治療費等の説明後、治療に移ります。

アクネフォト
お肌に合った出力でテスト照射したあと、反応を見ながらすすめていきます。
症状が強いところは重ね照射を行ない、効果を高めます。

サルチル酸マクロゴールピーリング(ケミカルピーリング)
洗顔後、ピーリング剤をお顔に塗ります。5分程放置しピーリング剤を拭き取ります。
途中で刺激が強い場合は 時間を短くいたします。

イオン導入
ピーリング剤を拭き取った後、ビタミンCのイオン導入で肌を整え、ニキビの出来にくい肌へと導きます。
また色素沈着も改善していきます。

治療後も保湿、外用薬などのホームケアには十分にご配慮ください。




来院時のお願い・注意事項

当日はお化粧を落としていただきますので、お帰りの際に必要な方はお化粧品をご持参ください。 クレンジング・化粧水・日焼け止めなどは院内でご用意しております。体内に金属を埋め込んでいる方、妊娠中の方、重度の糖尿病、アルコール依存症,ケロイド体質、皮膚に切り傷、炎症、術後や過度のアトピー性皮膚炎刺青の上など、肌のコンディションにより治療が出来ない場合がございます。