しわ・たるみについて

しわ・たるみの治療方法

ボトックスビスタ

体内に安全なボトックスビスタを
皮下に注入することにより
注入後からすぐにしわの改善が
見られます。 眉間のしわ、
目じりのしわに適しています


イントラジェン

イントラジェンによるGFR
(Grid Fractional Radio frequency)は、このお肌に欠かせない
コラーゲンに着目した、
最新のシワ・たるみ治療法です。


トライビーム
ジェンモード

ロングパルスレーザーで
真皮に熱を加え、毛穴縮小や
スキンタイトニングの効果が
得られます。


しわの種類

小じわ

小じわは、お肌表面の水分不足が原因です。乾燥した肌表面の角質間の水分が失われて溝になっていきます。ちりめんじわと呼ばれたりもします。乾燥が原因ですので、若くてもなる可能性があります。

加齢によるしわ

真皮層のコラーゲンが減少し、弾性線維(エラスチン)が変性することにより生じます。この大きな原因は紫外線による光老化と呼ばれるものです。紫外線(特に紫外線の中のUVA)は、コラーゲンを切断し、エラスチンを変性させる酵素を分泌させます。その結果肌が弾力を失い、しわを形成してしまうのです。加齢に伴いコラーゲンやエラスチンの生成力が衰えしわとなってしまいます。

たるみ

今まで、顔の弾力やハリで、ぷるんとしていた皮膚が、重力によって下がっていくのがたるみです。加齢に伴う線維の衰えと重力などにより、筋肉を支えている腱などが緩んできます。その結果、触ってみると跳ね返っていたお肌の弾力が、失われるのです。特に口元と目元は、見て分かりやすい部位です。

線維の衰え
通常真皮はヒアルロン酸やコラーゲンが水分を保持し、肌に潤いや張りを与えていますが、水分の保持能力の低下や老化により、真皮内の膠原線維や弾性線維が衰え、内側から肌を支えることができなくなります。また、コラーゲンが減少し、肌の弾力も失われ、たるみの原因となります。

筋の衰え
顔のハリを維持するもう一つの要因としては、表情筋と呼ばれる顔の筋肉があります。この、表情筋を支える腱が衰えることも、たるみの原因です。表情筋は、顔のいろいろな部分に存在し、真皮層に直接くっついて顔の土台となっています。

日常生活で注意する事
加齢とともにコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン量が減少し肌のハリがなくなるため、肌のアンチエイジングの最重要ポイントは、保湿と紫外線防御といえます。紫外線などによって人間の体内に取り込まれた酸素が変化して、活性酸素が発生します。この活性酸素が、身体の細胞や組織を酸化させ、老化の原因となっているということが最近分かってきました。また、就眠時に肌の回復が為されるので、就寝前の保湿ケアに重点を置いてください。

活性酸素の肌への影響
活性酸素は、細胞膜を酸化させ細胞がダメージを受けて正常な働きができなくなります。そして、真皮層の線維芽細胞もダメージを受けることで、皮膚の弾力を保つ役割を持つコラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸などの生成に影響を与え、コラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸の量が減少します。また、コラーゲンは、真皮内で固く変性し、弾力を失ってしまいます。こういった酸化による影響で、皮膚の弾力やハリは失われ、たるみやしわが発生してしまいます。活性酸素を生じさせる紫外線やストレスなどの原因をできるだけ取り除くこと、そして出来てしまった活性酸素に対しては、抗酸化効果のある食品や化粧品などで活性酸素を除去することで、皮膚の細胞を若々しく保つことができます。

皮膚の構造

表皮

外界の刺激から体の内部をまもる保護層の役割をもちます。
一番外側から、角質層、顆粒層、有棘層、基底層で構成されています。厚さは約0.3mm程で、表皮細胞(ケラチノサイト)、メラニンを作る色素細胞(メラノサイト)があり、およそ28日周期で生まれ変わります。角質層には常に10~20%の水分があり、肌の潤いを保ってくれます。天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質、皮脂が重要な役割をしています。

真皮

厚さは、表皮の約10倍くらいで、皮膚の大部分を占めています。厚さは約2~3mm程度です。主に、コラーゲン(膠原線維)と、エラスチン(弾性線維)とでできていて、これらが、網状の層を成しています。そして、その隙間を水分をたっぷりと含んだヒアルロン酸などのムコ多糖類が埋めて、肌のハリや弾力を与えています。真皮の約70%は、コラーゲンです。

皮下組織

皮膚の最も内側で、皮下脂肪と呼ばれる部分です。この皮下脂肪は、体を外気の熱や寒さから守り、体の内部を守るクッションの役割や、エネルギーの貯蔵部位としての役割、また表皮や真皮に栄養を送る役割を担っています。