メドライトC6

シミ・肝斑の治療

治療が難しかった肝斑に画期的効果をもたらす新レーザー!
メドライトC6は、非常に高性能なレーザー機器でシミの色素自体に直接働き、メラニンを破壊することのできるエネルギーを放出できます。これまで、肝班はレーザーを照射してはいけないシミとして知られていました。実際に、従来のレーザー治療では肝斑が取れないばかりか、逆に悪化するだけでした。しかし、レーザートーニングは、治療が難しいとされるこの肝斑にも非常に効果的です。広範囲に低出力でヤグレーザーを当てるため、 炎症を起こさせることなく、 メラニンを徐々に減らしていくことができます。レーザートーニングは、多くの方が悩まれている肝斑の最先端の治療法で脚光を浴びており、学会でも数多く報告されています。肝斑だけでなく肌質の改善、深部のシミの改善、炎症後色素沈着の改善と様々な効果が期待できます。
アイメディクリニックが長崎で初めて導入し、
レーザートーニングを行っているのは、佐世保では当院のみです。

治療は診断を受けてから!
まずはしっかりと診察させていただき、適応の有無を判断いたします。患者様のシミが本当に肝斑なのか?ご自身が行っているケアに間違いが無いのか?効果的な治療法は何か?を診断します。
肝斑とは
肝斑(かんぱん)は、一般的に 30〜40 代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。頬上部に好発するシミで、頬全体や上唇などにも発症します。特徴的なのは基本的に骨の上に発症し、毛髪部位には及ばない事です。形はべたっとした地図状です。原因はまだ解明されていませんが、女性に多く発症することから、女性ホルモンと洗顔の際の刺激が原因とされています。 肝斑は、シミの中で治療が難しいと述べましたが、これは肝斑のシミの正体が炎症性のものであり、肌の表面だけでなく少々深めに存在し、メラニン色素が散らばっている事にあります。これらの要素が限局的な日光性のシミとは異なり、治療を難しくしています。

レーザートーニングの秘密

トップハット型のメドライトC6はレーザを均一に当てることができるようになったので、治療のムラが無くなり、非常に信頼のおける機種となりました。

トップハット型の照射径内パワー
均一にエネルギーを届けられるため、肝斑治療が可能です。通常、レーザーを照射するとレーザービームの中央のエネルギーがいちばん高くなり、端にいくほど弱くなるガウシアン型はパワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして、肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザー機器では肝斑治療に適していませんでした。

効果

肝斑の改善

複数回の施術により、確実に改善していきます。治療の目安は週に1回を、5~6回行います。

炎症後色素沈着の改善

ニキビ後のシミ、傷口・火傷後のシミをも改善していきます。

深部のくすみ、シミの改善

深部のシミに対して、深い所に届くこのレーザーは有効です。

肌質の改善

深部に熱が入る事により、真皮層のコラーゲンの増殖が起こり、真皮を活性化させ、肌質を改善します。

真皮性メラノサイトーシスの改善

深部のシミである真皮性メラノサイトーシスのシミを、テープを貼らずに、徐々に改善します。

施術の流れ


クレンジング、洗顔を行います。


シミ、その他の悩みを受け肌診察を行い治療方針、内容を説明します。

肌質や症状の度合いによってテスト照射を行い最適な設定値を検討します。
肌の確認後お顔全体に照射していきます。
施術時間は15分ほどです。


最新のクライオエレクトロポレーションで肌を冷却すると同時に、ビタミンC(APPS)を肌深く導入していきます。
通常塗布に比べ70倍、イオン導入の20倍ものビタミンCが肌に浸透していきます。

クライオ機能(マイナス10℃クーリング)、エレクトロポレーション機能・
超音波機能
レーザー治療、光治療、RF(高周波)等の施術後の肌の赤み、火照りを早く鎮静化させます。エレクトロポレーション(高電圧)とは、短い電気パルスによって細胞膜、細胞間が一時的に緩み、微小な穴が形成されます。皮膚のバリア機能を一時的に緩めることで有効成分が浸透しやすい状態にします。超音波作用も同時に働き、エレクトロポレーションとの相乗効果で、有効成分を肌奥深くに浸透させます。

施術後も保湿、紫外線対策には十分にご配慮ください。

レーザートーニングは、1回で改善する治療ではなく、 治療回数を重ねて少しずつ肝斑やシミを薄くしていく治療です。 治療後はほんのり赤みが残る事もありますが、すぐに落ち着いていきます。また、絆創膏などは貼らずに終了しますので、人知れず治療もできます。個人差がありますが、4〜5 回目くらいから肌に透明感が出たことを実感していただけます。 肌の状態や医師の判断によって異なりますが、一般的な目安としては、週 1 回、 合計 5〜6 回程度の治療を行います。 その経過の中で、ほとんどの方が肝斑やシミが薄くなっていくのを実感されます。

より確実な効果を生み出す、内服・外用併用療法プログラム
肝斑や炎症後色素沈着にはトラネキサム酸の内服が有効な事が分かっています。
3か月の継続で70%以上の患者様に効果があります。トラネキサム酸に加え、ビタミンCの内服でさらなる効果を期待できます。
ハイドロキノンの外用は、メラニンの産生を抑える効果があり、現在の美白剤の中で最も信頼できる薬剤です。濃度も5%、7%と用意しており、患者様の状態に応じて処方しております。
HLT(ハイパワーレーザートーニング)
Qスイッチレーザーは出力を高めていくと、シミの反応も増しますが赤みも強くなったり、かさぶたが生じます。治療の難しい真皮性メラノサイトーシスに対し、かさぶたが生じないぎりぎりの出力を調整して治療を行うのがこのHLTです。治療後はしっかりとクーリングを行い終了します。 治療間隔は1~4ヶ月です。

当院の症例

フォトRF + レーザートーニング 40代女性

頬全体に広がる肝斑と肌にくすみがありお悩みでした。
フォトRFで表在するシミを治療後、レーザートーニングにて肝斑と深部の治療を行いました。
肝斑はほぼ目立たないようになり、くすみも改善しています。


フォトRF + レーザートーニング 30代女性
目の下のシミが気になるということで来院されました。 この部位は肝斑の好発部位です。そのほかにも日光性のシミもありフォトRF治療後にレーザートーニングの集中治療を行いました。日光性のシミも改善し、肝斑はほぼ目立たないようになりました。


治療費

部位 初回お試し料金
全顔(エレクトロポレーション付) ¥16,000
両頬(エレクトロポレーション付) ¥12,000
HLT(シミ部位) ¥14,000~

※料金は税別です。施術料金に加え、消費税が別途必要です。




注意事項

次のような方は施術前に医師にご相談ください。妊娠中の方、日光過敏性を高める薬の内服、1ヶ月以内に強い日焼けをされた方、、アートメイク上の施術希望、ケロイド体質、皮膚に強い切り傷のある場合、皮膚の悪性疾患が疑われる場合、皮膚内に注入物のある方、てんかん発作の既往など。